白髪染めQ&A 50代の母。白髪染めの頻度を減らす方法は?

888

Q)母の白髪。染めてもすぐ根元が白くなるのが悩みのようです。

50代の母がいます。娘の私が市販のヘアカラーを使って白髪染めしていますが、買いに行くのと染めるのとで面倒になってきました。

母の白髪が増えたため、染めてもすぐ根元が白くなるのが悩みらしく、最近では2週間に1回のペースで染めるようになっています。私自身は美容室で染めており割と長持ちするのでそちらを勧めたいのですが、行くのがおっくうで値段も高いと思っているようです。(買いに行ったり染めたりする時間も馬鹿になりませんので、かえって不経済ではと疑っています)

若い人のオシャレ染めと、年配の人の白髪染めとでは、ワケが違うのでしょうか。何とか長持ちさせる方法はないものでしょうか。

A)染まりを良くするか、白髪染めを変える、などの方法があります。

オシャレ染めと白髪染めの違いは、単に白髪染めにブラウンの配合量が多いため暗い色に染まりやすいというだけです。

お母様が結局のところ何を望まれているかにもよりますが、選択がいくつかありますので、最良のものをお選びいただく形ではいかがでしょうか。

染まりを良くする方法を使う

放置時間に加温したりすることで良く染まるようになります。具体的な方法はこちらから。

ただし、既に月2回、市販のヘアカラーをお使いという事は髪がかなり傷んでいる状態と考えられますので、効果が薄い可能性もあります。髪と頭皮の為には他の方法が良いかも知れません。

白髪染めの種類を変える

お母様ご自身で日常的に使えるシャンプータイプや、トリートメントカラータイプ、ヘアマニキュアタイプなどに切り替えてみてはいかがでしょうか。シャンプーなら毎日、トリートメントカラーやヘアマニキュアなら週1~2でお風呂で染められますので娘さんの手間もかかりません。

お風呂で染めるタイプですので壁についた汚れも落ちますし、染める間隔が短いので続けている限りは根元の白髪も目立ちにくくなります。いちばんお勧めの方法です。

お母様を説得して美容室に行ってもらう

娘さんは煩わしいと感じられているということですので、正直に、これ以上はやりたくないとお伝えするのも手です。個の時、白髪染めを買いに行く手間と染める時間と実際の費用と、美容室でかかる時間と費用とを比較して説明して、気分転換にもなるし若い男の子とも話せるよ、雑誌も色々読めるよ、といったプラスアルファのメリットを訴えるのもよいでしょう。

ただし、実は白髪染めを通して娘さんとコミュニケーションを取りたいのが本心かもしれません。お母様とよくよくお話されることをお勧めします。

↓個人的には、お母様にはこちらが一番お勧めです。簡単で無添加、安心して使えますので、髪を傷めず長く続けられると思います。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする