白髪染め どんな種類がある?

5557335855_9b9d31c7ab_z

白髪染めには色々な種類があります。

「どれも染まるなら一緒でしょ?」と思われるかもしれません。しかし、白髪染めは種類によって染まり方や頭皮への負担など大きく特徴が異なります。

では、白髪染めそれぞれの特徴を見ていきましょう。

永久染毛剤

  • ヘアカラー
  • ヘアダイ

長所: 色持ちが良く、色が定着しやすいです。

短所: 髪や頭皮によくない成分が含まれることが多く、髪や頭皮を傷めやすいです。

仕組み: 薬剤で髪表面のキューティクルをぱかっと開き、そのすき間から染めたい色を髪の内部に染み込ませ定着させることにより、白髪に色付けします。

色持ち: ダメージなど毛髪の状態にもよるので一概には言えませんが、一度染めたらは最低3ヶ月は間隔を空けるとよいでしょう。(白髪が毛根から生えて目立つくらい)

効き目は強くバッチリ染まり、明るい色で染めたい場合や新毛(髪の根元の部分)の白髪を染めたい場合にも効果を発揮。オシャレに色を楽しむならヘアカラーがよいでしょう。

その分、髪や頭皮へのダメージも多めです。1カ月に一度は染めたいし根元が気になる、という方は避けた方が無難かもしれません。髪や頭皮を傷めにくいタイプも出つつありますので、今後に期待したいところです。

半永久染毛料

  • ヘアマニキュア
  • トリートメントカラー
  • ヘナ

長所: ヘアカラーのような永久染毛剤より髪や頭皮への負担が少ないです。

短所: 使うたびに徐々に染まっていくので、染まりが遅いです。

仕組み: ヘアマニキュアは髪の表面を染料でコーティング、 トリートメントカラーとヘナは主に毛髪内部に染料をしみこませて色をつけます。

色持ち: ダメージなど毛髪の状態にもよるので一概には言えませんが、約1週間~1ヶ月程度とされています。

白髪染めマニキュアは髪をヘアマニキュアでコーティングする、という染め方のため 髪と光の反射により天使の輪ができるほど艶が出ます。

ヘアマニキュアは暗い色が得意です。髪をコーティングして染めるので、そのコーティング効果で髪にツヤが出て綺麗に見えます。ヘアカラーはアレルギーが出てダメだった、という方にもよいでしょう。(明るい色は苦手)また、髪の外側を覆う形で染める分、トリートメントなど髪の内側に働きかけるタイプとも相性が良いです。

トリートメントカラーの場合は、髪を保護してくれる成分入りですので毎日使えます。髪を傷めず染めたい、という方にはよいでしょう。ただしメーカーや商品により染色力にバラつきがありますので、思ったより染まらなかったというケースも起こりえます。

ヘナは植物の葉を乾燥させすりつぶしたものが原料です。天然成分で安心安全が大きな売りですが、アレルギーが出るジアミン系の染毛料が入っているケースも。成分表示をしっかり見て買う必要があるでしょう。また、ヘナをうたったシャンプーやトリートメントもありますが、他の原料が多く含まれるため効果が出にくい場合も。尚、独特のすごい臭いが強いほど、染まりも強いと言われています。

一時染毛料

  • ヘアスプレー
  • ファンデーション

長所 : 髪や頭皮への負担が少なく、手軽に髪の毛を着色できます。シャンプーなどで流すと簡単に取れます。

短所 : 長所がそのまま反対になり、色持ちがしません。質が悪いと服に色がついたりするトラブルも。

仕組み: 毛髪表面に染料を付着させて、色付けします。

色持ち: 洗い流すまで。

白髪隠し、白髪ぼかし、と呼ばれるものもこちらです。共通点は、髪や頭皮への負担が最も少ないものの、使った日だけに効果が限定されることです。スプレーは手軽に全体染めから部分染めまで使えますし、ファンデーションは白髪をカバーしながら髪のボリュームアップなど薄毛対策にも貢献します。

まとめると……

★白髪染めでも明るい色に染めたい、オシャレ染めをしたい → ヘアカラー

★髪や頭皮の負担を抑えつつ白髪染めがしたい → トリートメントカラー、ヘアマニキュア

★白髪も多少は許せるけど、その日の気分によっては染めたり楽しみたい → ヘアスプレーなど

白髪染めのタイプそれぞれの特徴を知り、自分に合った白髪染めを楽しみましょう!

photo by John Morgan

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする