白髪染め アレルギーを防ぐには?

2267431622_5ac0a3b4dc_o

白髪染めをするときに、心配なのがアレルギー。わくわく楽しみに染めたところが、顔がかゆくて……となってしまっては大変! 事前にしっかりチェックしておきましょう。

白髪染めでアレルギー、どうなるの?

食べ物と同様、白髪染めに使われる成分がアレルギーを引き起こすことがあります。

一番多いケースは「かゆみ」「ジンマシン」「かぶれ」「フケ」などのいわゆる皮膚炎です。重い症状になると……呼吸困難や心不全になることも。甘く見てはいけません!

これらは白髪染めが作業中にお肌につくことで引き起こされてしまいます。

まずはパッチテスト

何はともあれ、まずはパッチテストをしてみましょう。

方法は簡単です。

腕の内側に白髪染めの液をすこし塗って、48時間ほど様子を見ます。

腕に塗ったところが何とも無ければ、白髪染めを使っても使っても大丈夫。

反対に赤くなったり、かゆみ、湿疹などの症状が出たら、その白髪染めにアレルギーを持っていることが分かります。

(ただし、疲れなど体調によって反応が変わるケースもありますので、前回は大丈夫だったから今回も大丈夫とは限りません)

もし「アレルギーが出た!」という場合は、ヘナやトリートメントタイプ、あるいはジアミン非配合の白髪染めに切り替えた方がよいでしょう。

特に注意したい「ジアミン」

白髪染めでアレルギーになる大半の方の原因が「ジアミン」です。(正しくは「パラフェニレンジアミン」といいます)ジアミン系の成分は、髪を染める目的で市販の白髪染めに幅広く配合されています。

ジアミンは少ない量の色素で、色を濃く出す事ができます。いろいろな色調を作ることが容易なので、メーカーもつい頼ってしまうんですね。ただ、ジアミン自体には下で挙げたような有害性を持っています。

繰り返し使用した事による症状

かぶれなどのアレルギー症状(かゆみ、湿疹、ただれ、ヒリヒリ感など)

ショック症状

呼吸困難、アナフィラキシーショック、目に入った時の失明

長年使用つづけた事による症状

肝臓がん、腎機能障害、造血障害(再生不良性貧血)、白内障など

また、酸化剤と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があることが知られています。

白髪染めによるアレルギーを防ごう

白髪染めを変える

基本的には、染まりが強い白髪染めほどアレルギー反応も出る可能性が高くなります。

  • 2剤式のヘアカラーを止め、ヘアマニキュアやトリートメントカラーに切り替える
  • 成分表示を見てジアミンを配合していない白髪染めにする
  • ヘナに切り替える(ただし何かしら配合されているので植物性だからという過信は禁物)

というように刺激の小さい白髪染めに切り替えていきましょう。

使い方を変える

上に挙げたパッチテストはもちろんのこと、他にも下のような対策が取れます。

  • 手袋をかならず着ける(→ プロの美容師さんも手袋着用です)
  • 白髪染めの放置時間を最小限にする(→ お肌につく機会を減らす)
  • 使う白髪染めの量を最小限にする(→ お肌につく機会を減らす)
  • 風通しや良いところ、またはで換気扇の近くで使用する(→ 呼吸で体内に入る可能性も)
  • 頭皮につかない様にする(→ 皮膚にダイレクトにつくのはアレルギーのもと)
  • 使ったあとは髪をしっかり洗う(→ これが一番可能性が高く危険です。しっかり流しましょう)

せっかくの白髪染めで、アレルギーになってしまっては悲しいです……。オカシイと感じたらすぐに使用を止めて、低刺激の白髪染めに切り替えましょう。あくまで安全に、白髪染めを楽しみたいですね!

Photo by Jennifer Carole

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする