白髪染め ヘアマニキュアを落とす方法

5729030772_8a497e0d82_z

白髪染めヘアマニキュアをしたものの、仕上がりが気に入らなくて……とお困りの方。ちゃんと落とす方法があるんです。失敗しても落とせると思えれば、安心してトライできるというもの。実際にはどんな方法なのでしょうか?

白髪染めヘアマニキュアの落とし方

ヘアマニキュアの意外な弱点

ヘアマニキュアは、髪をマニキュアでコーティングします。髪をコーティングしてしまうと、ヘアカラーやトリートメントカラーで髪の内部に染料や成分を浸透させようとしても……やっぱり入っていきません。当り前と言えば当たり前かもしれませんが……残念ながら染まらないのです。

なので、失敗した!と思ったら落とすしかありません。

でも、どうやって落とすの?

ヘアマニキュアは、基本的にはタール色素のために酸性です。(酸性カラーとも呼ばれる理由になっています)

なのでpH的には反対の方向であるアルカリ性の成分によって剥がれるという性質を持っています。

この、アルカリ性を持つ物質を髪に使っていくことになります!

重曹

一番身近なのは、お掃除でもおなじみの重曹を使うことでしょうか。アルカリ性でかつ肌にも無害です。

お水100ccあたり、5g程度の重曹を溶かし(5%)、髪につけて揉みこんでいくとマニキュアが剥がれていきます。

ビタミンC

naturemade-vitaminCビタミンCの錠剤を細かく砕いて、水で溶かして髪にぺたぺた塗ります。(ビタミンCは体内に入ると酸性に変わるのですが、それ自体はアルカリ性なので髪に使えます)

サプリでも通販で実売1000円しません。

タバコの灰

意外かもしれませんが、タバコの灰も効き目があります。

いつもトントン落としている白くなった部分を水に溶かして、髪に揉みこむとヘアマニキュアが落とせます。

タバコの灰って言うと臭いがしたり汚い感じがするものの、成分的には単なる石灰だったりします。……でもやっぱりちょっと気になりますよね。

石けんシャンプー

石けんシャンプーを使うのも手です。一度で落ちる、というような劇的な効果はないのですが、毎日続けているうちにいつの間にかヘアマニキュアが落ちています。

顔や手についてしまった時も、石けんでやさしくクルクル洗っていると落ちますよ。お試しあれ。

→ ヘアマニキュアが肌について、色が残ってしまったのですが?(花王のQ&A)

ヘアマニキュア リムーバー

719NNV3B9GL._SL1500_

こんなものもあります。どちらかと言うとプロ向けですが、早く綺麗にヘアマニキュアを落とすことができます。

美容室

プロつながりなのでこちらも。美容師さんにヘアマニキュアを落としてもらうことも出来ます。

お金と行く手間が掛かってしまいますけれど、自分で落とす自信がなかったり、手間だと思われた場合は効率がよいでしょう。

最終手段……自然に落ちるのを待つ

あれこれ薬を使うのも心配、何かするのも面倒、と思われたら……いっそ、自然に落ちるのを待ちましょう。

実はこの方法がいちばんダメージが少なく済みます。


いかがでしたでしょうか。本当は失敗しないのが一番なのですが、ヘアマニキュアの落とし方を知っておくことで、気持ち的に安心して染められるということもあるはずです。失敗してもめげずに……再チャレンジです!

Photo by espensorvik

ヘアマニキュアにはもう懲りた、でも白髪染めは必要ということでしたら、↓のようなシャンプータイプを使うのも手です。無理なく毎日の習慣に出来て髪へのダメージも少なく、染め上がりも自然で長続きします。

髪は一生の長いお付き合いですし、髪がダメージしたり扱いにくい白髪染めよりは、安心して使える白髪染めの方が、長い目で見たらトクかもしれません!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする